2012年12月24日 秋葉山 鶴山

本当の鶴山はどこ
蚊焼みさき道入口~秋葉山~鶴山~入口

昨夜一度入力してほぼ完成したのに、ミスであっという間に消失。あ~!!一気になえる心~ やる気0となったのですが、気をとりなおして、再度入力開始。笑

前日のニュースでは、積雪があり走行も注意 とおふれが出ました。では、食料を買い込んで冬籠りといたしましょう。
朝~ 窓の外は銀世界!と思ってカーテンを開けましたが、チラチラと雪が舞っているものの積もっていません。拍子抜け~ だったらどこかに軽く登ろうかなあ と思いましたが、アイデアも浮かばず・・・ ウダウダしているうちに10時近くになりました。こうしてまた一日無為に過ぎていくんだなあ・・・ いやいや、今からでもいい!登ろう!と決心しました。

目的地は、秋葉山&鶴山。何故かと言うと、以前鶴山に行ったときにここが山頂と思った岩場がありました。みさき道の方が展望良好と書いてあったので、てっきりそこだと思ったのです。ところが、あとで記述をよく読むとそこからさらに少し先に本当の山頂があるらしいということがわかりました。すぐそばまで行ったのに、山頂を踏んでなかったのです。そのことを思い出しましたので、リベンジ!

みさき道は、観音信仰が盛んだったころに、脇岬の観音寺に通じる道として利用されたようです。もちろん生活道路だったとは思いますが。その名残があちこちに残っています。この案内板には 古茶屋坂 と書いてあります。お茶屋さんがあったのでしょうね。長崎街道歩きをしたおかげで、そういうことに少し敏感になっています。
c0179351_9361299.jpg

道も使われていた跡を残しています。
c0179351_9381538.jpg

みさき道からちょっと外れている秋葉山の山頂には祠があります。ここにはカグツチノミコトと書かれています。カグツチと言えば、イザナキ・イザナミの子どもで火の神様ですが、イザナミが出産するときに大やけどをおい、死んでしまいます。それでイザナキは切り殺したと書いてありました。
地元の蚊焼は鍛冶の盛んな町でしたので、火の神様であるカグツチノミコトを祀ったのではないかと思います。ちなみに全国の秋葉山や愛宕山にカグツチノミコトは祀られているそうです。
こんなことがちょっとわかるようになったのは、日本書紀や古事記を読んだからかな。前は全然わからなかったし、興味もなかったもんね。
c0179351_9453414.jpg

さて、問題の鶴山はさらに先に進み、みさき道の方がつけてくれた案内標識に従い左に折れていきます。以前歩いた道とは違う道から入っていきますと、展望のない小さな山頂に 鶴山 と標識があります。以前はこの標識はなく、なにか目印はないかとちょっと捜索した記憶があります。
c0179351_9473692.jpg

しかしです、鶴山とは鶴を見る場所だったようですから、この藪の中では見ることができません。以前行った岩場はここを過ぎていったん少し下り歩いたところにありました。今日はその岩場まで行って、さらに先まで行きました。すると!パーッと視界が開けました。岩がゴツゴツと積み重なった山頂です。
c0179351_953197.jpg

展望良好。八郎山系・雲仙・殿隠山方面が良く見渡せます。これなら鶴を見るのに最適な場所です。地図でみるとこうなります。
c0179351_1015339.jpg

どちらにしても、先の展望のある岩場まで行くことをお勧めします。素敵な眺めですから。
さて、帰りは以前歩いた道を進みみさき道に出てとっとこ歩歩き。展望もほとんどありませんが、木々の間から高島や伊王島などがチラチラ。
c0179351_1033361.jpg

近場の山でも、まだ楽しめる山はありそうです。なかなか良かったよ。
[PR]