2012年5月18日 普賢岳

雲仙の新登山道を歩く
仁田峠~薊谷~紅葉茶屋~風穴~立岩の峰~霧氷沢~普賢岳~紅葉茶屋~薊谷~仁田峠
歩行距離6.5km 行動時間5時間 標高差+-633m
リバーさん マツさん ミーさん みつばさん はまもっちゃん そよかぜ

遅ればせながら5月9日に開通なった雲仙の新登山道を歩くことになりました。雲仙はきれいな山なのですが、噴火以来昔からの登山道は封鎖され、歩ける道はごく一部となってしまいました。それで、毎度同じような登山道を歩くしかなかったのです。でも、今回平成新山を間近に見ることができるルートができ、より楽しめるようになりました。ただ一方通行なので、お間違えの無いように~

さて~ 五月晴れの清々しい本日、元気に出発。おりしも仁田峠はミヤマキリシマが美しい~
c0179351_2013374.jpg

お花の絨毯のごとくなっております。
c0179351_20133988.jpg

絵のようだけど、絵じゃないよ~
c0179351_2018551.jpg

さあさあ先を急ぎましょう。新しい道は紅葉茶屋の先の鬼人谷をかすめがら歩きます。緑滴る道です。
c0179351_20232898.jpg

西の風穴を過ぎ、風穴までは30分ぐらいかな。風穴からは冷気が噴き出していて、昔は蚕の保存などに利用していたそうです。
c0179351_2023864.jpg

途中に湯江川源流と書いてありましたが、最近雨が振ってないせいか水は無し~
c0179351_20251172.jpg

途中から眺める景色は格別です。
c0179351_20254066.jpg

いよいよ登りという所が鳩穴別れです。以前は鳩穴と言う岩穴があり、夏でも氷があったそうです。母が幼いころ高い熱が出て下がらなかった時、祖父は何時間もかけて鳩穴まで行き、氷をとってきて冷やした と聞いたことがあります。その鳩穴は今は溶岩の下に埋もれてしまいました。
c0179351_20514560.jpg

さあ、ここからは急登り~
c0179351_20321536.jpg

展望台となっている立岩の峰は前方の小高い丘の上です。
c0179351_2033927.jpg

立岩の峰は古い溶岩ドームだそうです。
c0179351_20362424.jpg

平成新山が迫力でせまってきますよ~
c0179351_20371914.jpg

この角度から見る山々もいいなあ。
c0179351_203808.jpg

さあ今度は霧氷沢に向かいます。霧氷のきれいなポイントで冬の楽しみが増えましたねえ~ 霧氷沢は前方のごつごつした岩峰の間です。
c0179351_2040780.jpg

この岩峰も溶岩ドームですが、今はヒカゲツツジに覆われています。なんだか苔かカビでモコモコしているように見えますが、それがみんなヒカゲツツジ。もうちょっと早い時期ならきれいだったことでしょう。
c0179351_204216.jpg

霧氷沢に行くとヒカゲツツジは待っていてくれました。
c0179351_20423576.jpg

霧氷沢からが一番新山に近いような。そしてこの方向に以前は普賢神社があったのですが、それも今は溶岩の中。
c0179351_2044341.jpg

このルート、自然はとってもきれいです。20数年人が入らなかったことも功を奏しているのかもしれません。歩くだけで、体が緑に染まりそうです。
c0179351_2045850.jpg

新ルート人気のせいか平日にもかかわらず、賑わっている山頂でした。
c0179351_204673.jpg

新ルートは予想以上に素晴らしいルートでした。どうぞみなさん歩きに来てください。
紅葉茶屋から時計回りにの一方通行ですのでご注意ください。地図はクリックすると大きくなります。
c0179351_20473520.jpg

そして、温泉にも入っていってね~



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2012-05-18 20:48 | 雲仙山系