2012年4月1日 小岱山

明るい陽気な山
丸山キャンプ場 ビジターセンター~旧道~丸山~観音岳~荒川展望所~筒ヶ岳~長助金比羅~大回りコース~谷底~大回りコース~観音岳~ビジターセンター
歩行距離9.3km 行動時間5時間40分 標高差+-874m
ぼん天棒さん Aさん 山の星さん 山馬鹿さん そよかぜ

小岱山に行こうと言われた時、正直に言えば 小岱山かあ・・・ って感じでした。今を去る13年ぐらい前、一度だけ登ったことがあります。その時はガイド本に書いてある通りに、蛇ヶ谷公園~観音岳~筒ヶ岳をピストンしました。よく整備された道でしたが、丸太の階段がダーッと続いていたのを覚えています。その時にこの山は一度登ればいいかあ~ と思ったのでした。

今回は何かとご縁の深い山の星さんと山馬鹿さんが長崎から参加。そして現地では近頃街道歩きをご一緒してくださっているぼん天棒さんとお友達のAさんも一緒してくださることになりました。このAさん、年間300回は山に登っている方。小岱山はホームマウンテン。と、お二人の力強いサポートを受け、丸山登山口から出発。

まずは旧道を登っていきます。この山は明るい日差しにあふれています。
c0179351_14574644.jpg

花目を持つぼん天棒さんが、あれこれお花の解説をしてくださいます。もちろん今は花には早く、その姿はないのですが、植生の豊かさを感じさせます。
丸山を過ぎ、観音岳の広場にやってきました。のびやかな広場はそれだけで心を解放してくれるようです。
c0179351_1502146.jpg

ご案内いただいて、唐渡岩にも行ってみました。大展望の広がる気持ちの良い所です。
c0179351_1512821.jpg

元に戻り、縦走路を最高峰である筒ヶ岳に進みました。以前はここまでで引返しました。
c0179351_1523737.jpg

それにしても寒い。風が冷たく感じます。お二人は 長助金比羅でお弁当にしましょう と先に進みます。長助金比羅は陽だまりのような暖かさ。場所によってこうも違うものなんですねえ。
c0179351_1544379.jpg

食後、今回のスペシャルルートに突入。なんでも小回りと大回りルートがあり、今回は私たちのために大回りルートを案内してくださるそうです。そしてそのルートは自然豊かなとっても気持ちのいいルートでした。しかし、ダーッと降りてビュンと登るハードなルートでした。ふぅ~!
それにしても感嘆したのは、ぼん天棒さんの身の軽さ、そしてAさんの登りも下りも変わらない淡々として揺らがない足取り。けして遅いスピードではありません。聞けばAさんは御年75歳。素晴らしいですねえ。
急坂を登り、観音岳に戻ってきました。そこは賑やかな一群が・・・ あれ~ よ~く見ると知っているお顔が・・・ 平六さん テツさん イチさん・・・ 佐賀労山と唐津労山の例会だったようです。賑やかにゲームを楽しんでいます。
c0179351_1511915.jpg

こちらは背中にたっぷりかいた汗を乾かしています。この山の常連さんの一人YさんやAさんの奥様もいます。
c0179351_15122677.jpg

最初はボーっとしていた雲仙岳も、このころになるとはっきりしてきました。
c0179351_1513881.jpg

明るく爽やかな山に心もほぐれる思いでした。そして一番は小岱山を見直したことです。山は一度ありきたりに歩いただけではわからないものですね。今日はそんな思いを強く抱いた山でした。
みなさんありがとうございました。
c0179351_1515325.jpg

本日のルート
c0179351_15154767.jpg

グラフ
c0179351_1516796.jpg




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2012-04-02 15:16 | 熊本県の山