2012年1月21日 生駒山

関西への山旅① 生駒山
21日 生駒山
22日 須磨アルプス縦走
23日 湖南(金勝)アルプス周回縦走

どこか新しい山に登りたいなあ・・・ 雪もあるのでお初の山なら低山かなあ・・・ そう思って検索中でした。そしてふと思いつきました。関西の山!
おりしも、風来坊さんは京都に単身赴任中&山馬鹿さんは大阪に長期出張中。なんですよね~ ニヤッ!
これを使わない手はないでしょう~。 と言うわけで、せっかく行くのだからと当初は3泊4日にするつもりだったのですが(この方が飛行機の割引やなんやかやで安い)・・・ しかし、用事が入りやむなく2泊3日の旅に出発。
まずは登った山の場所。地図の右から湖南アルプス・生駒山・須磨アルプス。離れていますねえ・・・ 
c0179351_1182529.jpg

この旅で一番の難所は、山でも坂でも鎖場でもなく、大都会での移動であります。あんなにいろいろと電車が縦横無尽に走っていては、遭難するのは必至だね。泣 とにかく登山口までたどり着くのが一番のポイント。山に入ってしまえばこっちのものよ~笑

一日目 21日 生駒山
自宅=長崎空港=神戸空港=(ポートライナー)=三宮=(阪神本線)=大阪難波=(近鉄奈良線)=枚岡駅
枚岡駅~額田山展望台~生駒山~暗峠~鳴川峠手前~瓢箪山駅
歩行距離12.4km 行動時間4:30 標高差+817m -850

数ある山の中でなぜ故に生駒山なのか・・・ それは万葉集によく詠まれている場所で、聞き覚えがあったからです。
難波津を漕ぎ出て見れば神さぶる生駒高嶺に雲ぞたなびく
妹がりと 馬に鞍置きて射駒山 打越え来れば紅葉散りつつ 
などなど・・・ 私もよく知らないけど、生駒山という山名に聞き覚えがある方は多いかもね。それで、一度はその山に登ってみたいと思ったのです。

いやいやいや~ 朝6時30分に自宅を出て、登山口の枚岡駅に着いたのが11時。枚岡駅に着くまでで持てる力の8割を使いました~ 疲れた~ とは言っておられない。のんびりしている余裕はありませんが~ お初の所のものでキョロキョロしなければならず・・・ 案内看板がありました。
c0179351_11191178.jpg

ここ枚岡には由緒ある立派な枚岡神社があります。どういう由緒なのかは各々お調べくだされ~
c0179351_11203773.jpg

神社を見学してから登山道に入ります。が・・・ 登山道がない・・・ そこへお散歩のおじ様が・・・ 途中まで行くから案内してくださるそうでついていきました。う~ん これが登山道・・・ ガイドブックにはそう書いてありますが、車が通れるくらいの立派な登山道です。長崎ではこれは道と言う。笑 
まあともかくおじ様の後をついてお話ししながら歩きました。しばらく歩くと登山道らしくなりました。この橋は豊浦橋でポイントの一つです。
c0179351_11245267.jpg

おじ様とお別れして次に向かうのは額田山展望台。額田と言えば額田王(ぬかたのおおきみ)がすぐに思いだされますねえ。万葉時代の女流作家で絶世の美女だったとか。
熟田津(にきたつ)に、船(ふな)乗りせむと、月待てば、潮(しほ)もかなひぬ、今は漕(こ)ぎ出(い)でな
おっと~!この場所と彼女が関係あるかは知らないけど~ その展望台からの眺めはなかなかですが、本日はかすんでいます。
c0179351_1134340.jpg

生駒山への道はこんな感じ。長崎では考えられない高速道路です。
c0179351_11351075.jpg

生駒山山頂は遊園地になっているし、鉄塔が乱立していますので、面白くはないかも。それに三角点は子どもの電車乗り場の中にあります。さわれません。白い標柱があるところです。
c0179351_11383447.jpg

それにガスがかかり展望もないので、スタコラサッサと先に進みました。所々に展望所があります。
c0179351_114022100.jpg

でも本日はかすんでいて展望はイマイチですねえ。それでまた先に進みました。途中に暗峠(くらがりとうげ)という場所があって、昔は奈良と難波をつなぐ重要な道だったそうです。今は道100選に選ばれているようです。それにれっきとした国道だそうですが、酷道とも言われていて日本一走りにくい国道とか。
c0179351_1144355.jpg

ここにはお茶屋さんがあって、一休みしようかなあ~ と思いましたが、中からおばさま方数人の賑やかな声が響いていて・・・
c0179351_18333420.jpg

思わず通過~ と言ってもちょっとわかりにくいのですが、お茶屋さんの横の路地を抜けて行きます。このころから雨がポツポツ落ち始めました。計画では奈良県側の方に降りるつもりでいましたが、時間も遅くなりそうなので鳴川峠の手前から登山口の近くの瓢箪山駅へ降りることにしました。登山道は快適。
c0179351_18362844.jpg

途中のお寺にあったこの像なんだか雰囲気があります。
c0179351_18372511.jpg

それにこの石仏は岩屋神社と似ているかも。
c0179351_183869.jpg

思いがけず瓢箪山の商店街を歩くことになり新鮮でした。
山頂は大したことないけど、アチコチに歴史を感じる山で、大阪の人々に愛されているのが良くわかりました。
登山道はよく整備されていますが、道標にない道がたくさんあり、迷いやすい感じです。
地図コンパスはやっぱり必要です。
本日のコース
c0179351_18413220.jpg

グラフ
c0179351_18415386.jpg

そして本日のもう一つの難所。電車を乗り継いで宿までたどり着かなければなりません。
山よりずっと難しかったよ~ん。地下鉄から地上に出ると、ここはどこ~??? ですからねえ。
明日は風来坊さん・山馬鹿さんとの山歩きです。上手く合流できるかなあ~




にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2012-01-24 11:44 | 関西の山