108回 147座 2011年10月22~23日 国見岳

美しい谷から国見岳へ
五勇谷橋~林道~ネノコヤ谷~縦走路~国見岳~五勇谷橋
風さん hirokoパパさん hirokoさん 山馬鹿さん そよかぜ
歩行距離12km 行動時間8時間20分 標高差+-941m

風さんに以前から きれいな谷を詰めてみない? と誘われていました。そこは風さんたちのお気に入りの場所で、行ってみたいと思っていましたが、なかなか日程が合わず今回やっと実行となりました。

前日、お昼からしか動けないメンバーがいましたので、ゆっくり出発し、五家庄渓流キャンプ場のバンガローに泊まることにしました。途中で皆さんと合流しながらバンガローに着き、さっそくすき焼きで楽しい一時を持ちました。
c0179351_13415512.jpg

このキャンプ場のバンガローは二階建てで、台所・洗面所・お風呂・お手洗い・冷蔵庫・暖房器あり~ 二階は畳がずらっと敷いてあります。とっても快適で、暮らしてもいいね~笑

さあて、翌日まずはお弁当作り。電気がま持参なので楽ちんです。出番がない男子は辛い?笑 
さて、お弁当もでき、朝食もすませてまずは登山口まで移動です。以前はかなりのダートの道を延々と走っていましたが、舗装が伸びてきていてダートの部分がずいぶん短くなりました。よかったよ~

五勇谷橋から林道歩き。周りは色づき始めていてきれいです。
c0179351_1356477.jpg

でもこの林道歩きは長い。延々と・・・
c0179351_13565375.jpg

きれいですねえ~
c0179351_13573069.jpg

入渓地で身支度をします。まずは足元を固めて~ 
c0179351_13582342.jpg

麗しき夫婦愛。
c0179351_13585193.jpg

このお方の足元は日本伝統のスタイル。今ではあまりいないでしょうねえ~
c0179351_1359319.jpg

ヘルメットも装着して、いざ出発!
きれいで緩やかで簡単な沢 と聞いていましたが・・・ いきなり滝! そりゃないでしょう。
c0179351_1434229.jpg

何の問題もなくクリアしていく風さんの跡を必死で追いかける面々でした~
c0179351_145189.jpg

真夏なら滝に打たれて、全身ずぶ濡れでもいいけどねえ・・・ 風邪ひいちゃうよ~ とひたすら巻。風さんとラベルの いえレベルの差歴然。何を今さら・・・ 最初から分かっていたことだけど~
最初の難関をクリアすると谷は開け比較的歩いやすいけど・・・ 倒木多し~
c0179351_148395.jpg

そして~ また出てきました~ ここを行くの? どうやって~? 風さんはあっという間に越えていきますが・・・ 悪戦苦闘でございます。合言葉は「生きて帰ろう!」 笑
c0179351_14101948.jpg

しかし、谷はとってもきれい。マイナスイオンが満ち溢れています。たぶん・・・ね。
c0179351_14113148.jpg

落ち葉が一杯でとってもきれい。
c0179351_1412787.jpg

癒しの谷。
c0179351_14123842.jpg

滝が現れたり~
c0179351_14131370.jpg

きれいですよ~ 足元注意だけど。
c0179351_14274378.jpg

写真家なら一日居て、あのアングルこのアングルと撮りまくりでしょうねえ。
c0179351_14193228.jpg

そして、なんと途中で沢水でお茶会~ 風さんによるお点前披露~
c0179351_14183779.jpg

ヘルメット姿でいただくお抹茶の味は~ 最高!!
c0179351_14202325.jpg

見上げると美しい木々。
c0179351_142055100.jpg

お点前終了後さらに進み~ 倒木でできた滝を見ながらお弁当タイム。
c0179351_14221095.jpg

ここでも沢水でコーヒータイム。自然と同化しそうな一時。
c0179351_14232561.jpg

やがて水量は減り、源流域に入ってきました。ここで靴を登山靴に履き替えて稜線を目指します。
c0179351_14283953.jpg

そして国見岳山頂。初めてのお方は感激していました。
c0179351_1432442.jpg

あいにくガスがかかっていて展望はイマイチですが・・・
c0179351_14331164.jpg

さあ~ 下山です。下山道もきれいな紅葉で彩られています。
c0179351_14353762.jpg

落ち葉の絨毯。
c0179351_1436763.jpg

紅葉で染まりそうになります。
c0179351_1436457.jpg

素晴らしい色の紅葉。
c0179351_14371086.jpg

そして、今年も咲いていました。キッコウハグマ。かわいい花です。
c0179351_143818.jpg

最後は登り初めにも確認した新新道を降りることにしました。以前は下山だったら左手に道はあり、そこを新道と呼んでいました。今は封鎖されているような・・・ 何故かは不明ですが・・・ それで、新新道を下ることにしました。この新新道は以前と違って尾根をまっすぐに下っていきます。こちらも前の新道と同じで結構な急下り。おとっとの連発です。
c0179351_14413533.jpg

最後も結構危険な感じでした。
c0179351_14424197.jpg


今回風さんのおかげで、美しい谷を歩くことができました。感謝です。
軽々しく入渓できるようなところではありませんので、経験者の同行が必要です。

本日のルート
c0179351_1444559.jpg

グラフ
c0179351_14451949.jpg


楽しい楽しい二日間でした。
風さん 本当にありがとうございました。雅な時をまたお願いします。
hirokoさんご夫婦 いつも気を使っていただいてすみません。楽しいお話最高!
山馬鹿さん 思いこがれていた山域にまた行けて良かったね。
みなさん ありがとうございました。



にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
[PR]
by yamanosoyokaze | 2011-10-24 14:47 | 熊本県の山