85回 223座 2011年8月21日 金泉寺

驚くべき情報 金泉寺山小屋 は存続の危機

そよかぜ

本日は「決定版 花の百名山」の本を届けるためにお昼から出かけました。午前中は用事もあったし、それに大雨だったしね。
金泉寺山小屋では昨夕、ハーブとオカリナの演奏会があっていたようです。残念ながら参加できませんでしたが、雨で大変だったかなあ・・・

さて、本日はお気楽金泉寺下コースからですが、今朝の大雨で登山道は川のようです。それでなくてもこの道は敷き詰めた石がツルッと滑り、なかなかの難所なのですよ。
c0179351_21201872.jpg

小屋に近づくと話し声が聞こえてきます。
c0179351_21211027.jpg

宿題だった「花の百名山」の本を管理人の I さんに渡してホッとしました。小屋に置いてくれるように頼みましたので、興味のある方はご覧ください。

さて~ 中にいらっしゃった数人の方と歓談していると、管理人さんから驚く発言が!
「金泉寺山小屋は来年の3月いっぱいで閉鎖される」
というではありませんか。

そんなばかな! なんで! と聞かずにはいられません。
だって、ここは登山者の憩いの場として大切に思っている場所だからです。
山に登らなくても、金泉寺山小屋だけ訪問する方もいるくらいです。

金泉寺山小屋は県の所有物で、お荷物であるこの小屋を閉鎖しようという動きだそうです。

建物自体は手を入れてあり、古いけれど今すぐにどうこうという状態ではありません。
今の管理人さんたちに受け継がれてから、いろいろとこまめにメンテナンスもなされ、だんだんきれいになってきているような気がします。

そんな小屋をなんで!

小屋には県のアンケート用紙が置いてあり、書き込むようになっていました。そのアンケートも何のためにとってるのか分からないようなものでしたが、意見を書き込むところがありましたので、とりあえず重要な山小屋だと書いてきました。

まだ閉鎖は決定ではなく、今後の動きが気になるところです。
泊まる人が増えると存続できるかもですよ。泊まりに行こう!

さあ、話はつきませんが、別の場所に移動です。またもや滑りやすい石畳と格闘。
c0179351_21334356.jpg

そして~ 本日であった花さんたち。
ヒキヨモギは岩屋山にもあるので珍しくはないのですが、どこでもあるというわけではなさそうです。
c0179351_2135697.jpg

ホソバノヒメトラノオ まだ咲き初めが多かったかな。
c0179351_21361025.jpg

ガンピはアチコチあるので珍しくはないけど。
c0179351_21371439.jpg

アカバナ お天気に左右されるのかほとんど閉じていました。
c0179351_2138752.jpg

そしてノヒメユリ いっぱい!
c0179351_2139231.jpg

センニンソウもつぼみが多かった。
c0179351_21393852.jpg

ノアズキの黄色も目立ちます。
c0179351_2140586.jpg

サワヒヨドリ でしょうねえ。
c0179351_21403054.jpg

と、今日もたくさんの花に出会いました。
[PR]
by yamanosoyokaze | 2011-08-21 21:41 | 多良山系