2回  2座 2011年1月3日 地蔵岳

宮崎は晴れだった

毎冬恒例の南九州への山旅に今年も行ってきました。南へ行けば暖かいだろうと南下するのですが、暖かかった試しは無し。毎冬しびれるような寒さの中の登山となるのですが、今年はいかに。というか、なんというか、たっぷり雪が降って閉じ込められたお正月を迎えたので、我が家から脱出できるかどうかがまず問題でありまして。雪は降ってないものの、踏み固められた路面はツルツルでして・・・ それが融けるのをまってようやく出発となりました。

さ~!! 目指せ~ 南へ~! と張り切ったのは良かったのですが、目指す鹿児島地方は大雪。なんと鹿児島は高速道路も封鎖ではあ~りませんか。これはいかん。鹿児島入りをしたところで、大雪では登山口までたどり着くのは困難。ということで、高速を走りながら目的地変更。で~宮崎の山に行くことにしました。頼りは県別のガイドブック、宮崎県の山。そして選んだのは以前より気になっていた地蔵岳。実はこの山どこにあるかもよ~分からんやったんだよね。
地図で見ると、こんなところでございます。西都市近く、一ッ瀬ダムの北、地図真ん中上部に位置しております。
c0179351_109491.jpg

尾八重登山口~地蔵岳 往復
今回のルート
c0179351_1112619.jpg

c0179351_10301311.jpg


米良街道の16番バス停近くの新設トンネルを抜け、尾八重(おはえ)地区への細い道路を20分ぐらい走ると、登山口がありました。以前は地蔵参りがさかんだったとかで、かなり登られていたようです。
c0179351_10151313.jpg

正規の登山道はいったん川に下りて徒渉します。渡ったら右側に進みます。今回は水が少なかったので容易に徒渉することが出来ましたが、増水している時は徒渉困難になるそうで、その時は橋を渡ってすぐに右に入り込むと徒渉せずにすむそうです。
c0179351_1033993.jpg

徒渉するとすぐに植林帯の急登りが待っていました。これはきついです。この山は最初から最後まで急登り。
c0179351_10344318.jpg

展望もほとんどありませんが、時々ちらりと尾八重地区の家屋が見えます。平家の落人の部落でしょうか。よくぞまあこんな山奥に・・・
c0179351_10361710.jpg

この山にはコウヤマキが自生しています。けっこうたくさんありました。コウヤマキの肩・コウヤマキノセと標識がありました。コウヤマキは普通のマキの葉っぱと比べるとずいぶん細い。松の葉を太くしたような感じ。
c0179351_10384210.jpg

たくさんありました。
c0179351_10391953.jpg

こんな危ない箇所もあり、雪も出てきましたので用心用心。
c0179351_10401837.jpg

危険箇所のある急傾斜を這い登り、やっと山頂です。展望はありません。
c0179351_1041463.jpg

展望台と書かれている所からはこんなふうに見えるみたいですが・・・
c0179351_10431559.jpg

樹幹越しに昨年登った石堂山方面がどうにか見える程度です。
c0179351_10442315.jpg

登山者とは一人も会わず、静かな山でした。たしか九州百名山でグリーンウォークにも紹介されている山だと思うのですが、あまり人気はないのかな・・・ この急登だからなあ・・・ それに夏はヒルも大量発生するらしいので、登るなら冬がいいかもねえ。
それにしても宮崎は暖かく、日差しも燦々。西都原の古墳(つまりお墓)の上に登り・・・ 登っていいのかあ・・・ 見渡すと、名前を知らない山々が魅力的でした。古墳よりも何よりもそちらに心は飛んでいく~
c0179351_10532129.jpg

そして砂浜ではサーフィン。
c0179351_1054631.jpg

九州各地の雪をよそに、宮崎は晴天で暖かい。宮崎に変更してよかったねえ。
いや~ これは春から縁起がいいわいなあ~
[PR]
by yamanosoyokaze | 2011-01-05 11:00 | 宮崎県の山