マウントクックビレッジ編

全7ページ №7
マウントクックビレッジ
ケアポイント  フッカーバレー  レッドターンズ

5時間あまりまけてクィーンズタウンからマウントクックビレッジに移動しました。こちらのバスは驚いたことに運転手さんがバスガイドも兼ねていて、ポイントポイントでは案内をしてくれます。でも英語・・・ しか~し、なんと日本人のために日本人のガイドも同乗して、ちゃんと通訳してくれるのです。おかげでよ~くわかりましたよ。

さてマウントクック・ビレッジではハーミテージシャーレーが私たちの宿泊所。みなさん「マウント・クックには登ったね」とお尋ねになるのですが、標高こそ富士山よりもちょっと低いけど、いつも氷河に覆われた雪と岩の山なのです。富士登山とは訳が違う。ここは普通の登山者が登れるような山じゃあないの。

ビジターセンターにマウントクックの写真があったので、ちょっと失敬。山頂部はこんな感じ。
c0179351_2046564.jpg

登るのはこんなことをしなければなりません。
c0179351_2047245.jpg

今までに登った人は200人ぐらいで、死者も毎年出るとか。エベレストに初登頂した、エドモント・ヒラリー卿はマウントクックで練習したんだって。

まあとにかく、マウントクックには登ることは出来ないけど、たくさんのトレッキングコースがあります。私たちはまずケアポイントというコースを歩きました。 マウントクックが美しい。
c0179351_20525174.jpg

花も咲いていました。ジギタリスは見たことのあるのより、ずっと大きくて立派。
c0179351_20535758.jpg

これはなんジャらホイ。
c0179351_20542867.jpg

ノコギリソウのような花もありました。
c0179351_2055784.jpg

ニュージーランドリンドウもきれいに開いています。
c0179351_20555416.jpg

その次は一番人気のフッカーバレートレッキング。ここは氷河の先端が見えるのです。青く見えるのが氷河の先端。今は夏なので上には堆積物が乗っています。
c0179351_205825.jpg

マウントクック周辺は天候が安定せずになかなか姿を見せてくれないというのですが、幸いにきれいな姿を見せてくれました。
c0179351_20593559.jpg

川は岩石を氷河が削っているので、岩の粒子を含んで白く濁ったミルクのような色をしています。
c0179351_2133371.jpg

マウントクックから伸びる尾根は鋸のようです。
c0179351_2141857.jpg

ニュージーランドエーデルワイスがきれいに咲いていました。
c0179351_215101.jpg

途中にはマウントクックに向かって命を落とした多くの人々の記念碑があります。ちょうど小学生の遠足の一団が来ていて、賑わっていました。
c0179351_2173251.jpg

最後はレッドターンズというトレッキングコース。名前の由来になっている山の池には赤い水草があります。
c0179351_2192877.jpg

山を写してとってもきれいでした。
c0179351_2110489.jpg

ミューレー氷河が見えています。
c0179351_21105677.jpg

真下はマウントクックビレッジ。美しい光景でした。
c0179351_21115283.jpg


番外編に続く
[PR]