「ほっ」と。キャンペーン

グランドトラバース 

全7ページ №2
グランドトラバース


今日からいよいよグランドトラバーストレッキングが始まります。このグランドトラバースはグリーンストーン・トラックとルートバン・トラlックを結ぶ、全長75kmにわたるトレッキングコースです。ニュージランドの有名なトレッキングコースは全部入山規制があります。このコースも入れるのは週に2回。ガイドウォークの場合、人数は24人で、一方通行。フリーウォークの場合は反対周りも出来ますが、入山規制はあるようです。

ガイドウォークでは5泊6日で歩きますが、一日14~18kmぐらいは歩きます。時間は6~8時間。ですので、軽く考えてはいけません。

まずはきれいなクイーンズタウンから、ガイドウォーク専用のバスに乗り1時間ぐらいでグレノーキーという小さな町に着きました。ここでお茶を飲みながら自己紹介。英語なんて This is a pen から進歩のない私ですから、困ってしまいました。 それも第一号。 

マイネーム イズ ヨウコ   フロム ジャパン  
アイ ライク マウンテン & ソング  
シンガ ソング サクラ  

で、なんと胸胸ドキドキしながら、♪ さくら~ さくら~ やよいのそらは~ ♪ と歌ってしまった!これが後で、ビックリの展開になるのだけれど・・・
USAの人4人・オーストラリアの人4人・ニュージランドの人2人・日本人13人・ガイド4人の自己紹介。
c0179351_22323729.jpg

ここからは船に乗り、グリーンストーン谷の入口まで向かいました。ガイド4人は20代の若者だけれど、27人分の3日間(朝昼晩)の食料を全部持っています。たぶん30kgぐらい・・・ すごい!
歩き始めると、小さなつげのような葉っぱがビッチリと落ちています。ガイドに聞くと、南極ブナで、銀ブナ・山ブナ・葉っぱが3~4cmぐらいの赤ブナがあるそうです。だから回りは全部ブナ。
c0179351_22405225.jpg

ずっとずっとブナ林。そこを抜けるとずっとずっと草原。これの繰り返し。
c0179351_22405847.jpg

美しい山々が見えているのですが、驚いたことに名前はないそうです。日本ならどんな小さな山でも名前がついているのに・・・
c0179351_22421024.jpg

途中には花たちがお出迎え。ブルーではないのにブルーベル。
c0179351_22431137.jpg

咲いている期間が長いから、ネバーラスティングデージー。
c0179351_22453784.jpg

美しい川の淵に来ると、ガイドたちは次々に飛び込んで水遊び。でも気温は15度ぐらい。寒いだろうけど、彼らは気にしない。ずぶぬれのまま服を着て歩きます。みんなにも泳げと勧めたけど、外国の方が一人だけとびこんだだけ・・・ (^o^)
c0179351_22472662.jpg

最初はこんな小さな滝でも感激していたけど・・・
c0179351_22514765.jpg

休憩やランチの時にはトレックから見えない場所にシェルターという東屋が作ってあって、熱いコーヒーや紅茶・オレンジジュース・カルピス・牛乳をガイドが用意してくれます。だから飲み物は500mlぐらいで十分。トイレは水洗トイレ。

時々こんな川を渡ります。とっても滑りやすいので石に乗ってはいけないと注意がありました。現に転んだ人もいましたよ~ ガイドは靴が濡れるのもお構いなし。
c0179351_2258688.jpg

こんな花も咲いています。
c0179351_22585162.jpg

見える景色はどこを見ても素晴しい。
c0179351_22593295.jpg

今日泊まる スティール・クロークロッジです。ガイドウォーク専用の小屋でフリーウォークの人は全く別の小屋なので、一緒になることはありません。
c0179351_2313985.jpg

グリーンストーンのロッジには常駐の人はいなくて、つくとすぐにガイドがお湯を沸し、クラッカーやサラミを用意してお茶を飲むことが出来るようにしてくれます。

熱いお湯の出るシャワー・水洗トイレ・シャンプー・リンス・石鹸・洗濯石鹸・ハンドペーパー・絞り機・乾燥室完備。そしてベッドはもちろん一人ずつ。快適。そうそう、スリーピングシーツを持ち歩くんだけど、無料で貸してくれます。でもこれは重いので、私はシュラフカバーを持って行きました。

無料で貸してくれるものは、ザック・レインウェア・スリーピングシーツ・バスタオル。でも、これは自分で持って歩くので考えて借りた方がいいね。

夕食はかなり豪華。これもガイド4人がつくります。スープ・メインディシュ・サラダ・デザート・コーヒー・紅茶・ジュース・インスタント味噌汁・緑茶も完備。

続く
[PR]